海外D.O.からのメッセージ- Message

Michael L. Kuchera D.O., FAAO, FNAOME, Professor

マイケル・クチェラ

元アメリカオステオパシー学会会長
元国際オステオパシー研究教育所所長
マリアン大学(米国)カレッジ・オブ・オステオパシック・メディスンの教授

JTOCへのメッセージ

+画像クリックで拡大

2015年5月

オステオパシーの伝統的かつ第一の信条は、機能と構造の関係の考察をすることと、その視点に基づいた応用です。JTOCは、日本でのオステオパシー界における将来構想を考えるにあたり、国際的に経験豊かな教育者に助言を求め、定評あるオステオパシーの教育機関および講演者と提携・協力することにより、その統率力を以て、自らの役割に適した確かな教育課程をつくり上げました。
オステオパシーの創始者、A.T.スティル医師は生徒達に、己のしていることは正しく、よってその正しさに従って仕事をすべきであると教えました。 JTOCで学ぶ皆さんは、JTOCの講師陣によってまとめあげられた科学的根拠に基づき、手技治療の高度な技術に注意を促しながら、伝統的なオステオパシーの哲学に則ることによって、その教えを忠実に守る努力をしているのです。
JTOCの在校生および未来の学生の皆さんには、皆さんが将来治療をされる患者さんのために、是非オステオパシーの道を極めていただきたいと思います!

友愛をこめて
マイケル・クチェラ DO、FAAO、FNAOME*、Professor
*FNAOME…Fellow, National Academy of Osteopathic Medical Educators

↑ PAGE TOP

※D.O.(Diploma of Osteopathy)、JTOC、日本オステオパシープロフェッショナル協会(Japan Osteopathic Professional Association)は登録商標です。
※各情報は随時変更する可能性がございますので、その旨ご了承ください。