海外D.O.からのメッセージ- Message

Kelly David Halma D.O.

ケリー・デイビッド・ハルマ

ATSU-KCOM(米国)手技医療部准教授

JTOCへのメッセージ

+画像クリックで拡大

JTOCの皆様へ

この度は、JTOCの学生、講師の方々に向けて、プレゼンテーションをする機会を与えて戴きましたこと、大変光栄に存じます。
スティル博士は当初より、オステオパシーが世界中に普及することを望んでおられました。オステオパシーが日本に根付き、また、アキやアキのお弟子さん方の弛まぬ努力と勤勉の結果、より急速にかつ目覚しい浸透を遂げたのを目の当たりにできましたのは、私にとり至福の喜びです。

JTOCとATSUの絆が、時を経るごとに深まりいく様をこの眼で見届けたいと切に願います。両者はお互いに共有し合い、またお互いより学べることが多々あります。

私を友人のように歓迎して下さり、また、皆様の家族の一員であるかのように接して下さり、ありがとうございました。本当に光栄に存じました。今回の私の来日を機に築くことのできた私達の友好関係が、生涯に亘って継続し、また世界中の至る所で有能なオステオパスが集う際には、私達も幾度となく再会を果たし、その度に絆を深め合えますよう、願っております。

ケリー・デイビッド・ハルマ D.O.
Kelly David Halma D.O.

A.T.スティル大学/
カークスビル・カレッジ・オブ・オステオパシック・メディスン
ATSU/KCOM

2014年

↑ PAGE TOP

※D.O.(Diploma of Osteopathy)、JTOC、日本オステオパシープロフェッショナル協会(Japan Osteopathic Professional Association)は登録商標です。
※各情報は随時変更する可能性がございますので、その旨ご了承ください。