海外D.O.からのメッセージ- Message

Conrad A.Speece, D.O.

コンラッド・A・スピース

ダラス・オステオパシー・スタディー・グループメンバー
「靭帯性関節ストレイン」の著者の一人

JTOCへのメッセージ

+画像クリックで拡大

日本トラディショナルオステオパシーカレッジ(JTOC)に対するメッセージ

A.T. Stillの原則―解放・誇張・バランス―を守りなさい。
原因と障害治療のためには、膜に意識を向けなさい。
傷害のベクトルを探り、そのエネルギーを一致させなさい。
解剖、解剖、解剖。
できる限り、人間工学にかなうテクニックを使いなさい。
そうすれば、長くハッピーで健康的な治療キャリアを積んでいくことができます。
ダイアモンドを小石から区別しなさい。
Rollin Bakerから教わったように、オステオパシーの横道を探検することも良いが、 迷子にならず、必ずA.T. Stillの原則に戻ってくるように。
決して学ぶことを止めないように。
Sutherlandが言ったことは、「私がA.T. Stillの肩に乗るように、あなたが私の肩に乗れば、オステオパシーが進む道の、もっと遠くを見ることができる」と。
(文字通り訳せば:あなたはオステオパシーの旅を私が始めたところから始めることが できるし、今私のいるところから始めることもできる、ということ。)
自然界の基礎的な真理はシンプルなことです。

ダラス・オステオパシー研究グループ会長
C. A. Speece D.O.
C.A. スピースD.O.

↑ PAGE TOP

※D.O.(Diploma of Osteopathy)、JTOC、日本オステオパシープロフェッショナル協会(Japan Osteopathic Professional Association)は登録商標です。
※各情報は随時変更する可能性がございますので、その旨ご了承ください。